GBR経済指標一覧

GBR経済指標一覧

GBR経済指標一覧

◎ BOE政策金利発表

イングランド銀行(BOE)の政策決定。政策金利をどの程度にするかという決定は、経済成長の見通しとインフレによるところが大きい。中央銀行の主な目的は物価安定を維持することである。高い金利はマネーに最も「リスクのない」リターンを求める外国人を引きつけ、それにより自国通貨の需要が著しく増える可能性もある。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

◎ BOE議事録

イングランド銀行(BOE)金融政策委員会(MPC)の要旨は、約2週間前に開かれる政策金利決定委員会の詳細な記録である。
同要旨は英国の経済状況を反映するものである。
それはまた同委員会の各会員の議決を記録している。
BOEがインフレ見通しについてタカ派的であれば、GBPにとってポジティブ/強気と解釈されるであろう。

◎ キングBOE総裁の発言

マーヴィン・キング氏は、2003年7月から2013年6月までのイングランド銀行(BOE)総裁。
重要な短期金利を規制する英国中央銀行の頭取として、キング氏は他のどんな人よりもポンドの価値に対して、より影響力をもっている。投資家たちは、将来の金融政策決定についての手掛かりの為に声明を詳細に調べる。
同氏のコメントは短期的にポジティブまたはネガティブな動向を誘発する可能性がある。

◎ 小売売上高

小売売上高は、英国の様々な業種と規模の小売店のサンプリングに基づいて小売業者が販売する商品すべてを月毎に測定する指標である。同指標は個人消費の重要な指標であり、また消費者信頼感とも相関性があり、英国の経済のペースとなる指標として考えられている。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

◎ 消費者物価指数

独消費者物価指数(CPI)は商品とサービスの価格変動を測定する。
CPIは消費者の視点から価格変動を測定する。
同指数はドイツにおける購買傾向の変動およびインフレを測定する重要な手段である。(インフレと闘う一般的な方法は金利を上げることで、それが海外からの投資を引きつけるため)予想より高い測定値はEURにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はEURにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

◎ 失業率

失業率は、雇用されていないが、現在職を探しており、英国で働く意志のある労働人口の合計比率を測定する指標である。
高い比率は労働市場の弱さを示す。低い比率は英国の労働市場にとって明るい指標となり、GBPにとってプラスになると解釈される。

◎ サービス業PMI

英購買部協会(CIPS)サービス業購買部協会景気指数(PMI)は、サービス業部門の購買担当者の活動水準を測定する指数である。
50を超える数値は景気拡大を示すが、50を下回る数値は景気後退を示す。
同指数は英国のサービス部門の繁栄を示す。販売担当者は経済活動全体の主な指標となりうる同協会の業績を早いうちに入手できる場合がよくあることから、トレーダーはこれらの調査を注意深く見ている。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

◎ 製造業PMI

英国公認購買供給協会(CIPS)購買担当者指数(PMI)は、製造業部門の購買担当者の活動水準を測定する。
50を超える数値は景気拡大を示すが、50を下回る数値は景気後退を示す。
同指数は英国の製造業部門の健全性と生産拡大を示す。
販売担当者は経済活動全体の主な指標となりうる同協会の業績を早いうちに入手できる場合がよくあることから、トレーダーはこれらの調査を注意深く見ている。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ 建設業PMI

英購買部協会(CIPS)による建設業購買担当者景気指数(PMI)は、建設業の購買者の活動水準を測定する指標である。
50を超える測定値ならば、建設業の製造拡大を示し、50を割り込むと景気後退を示す。
同指標は英国における建設部門の健全性について目安を示す。購買担当者は常時同協会の業績のデータを早く入手でき、これは景気動向全体の主な指標となりうるので、トレーダーはこれらの調査を注意深く見ている。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ 四半期GDP

国内総生産(GDP)は経済活動の最も広範な基準であり、景気判断の重要な指標である。GDPの四半期ごとの比率変動は一般に経済成長率を示す。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ 貿易収支

貿易収支は、財の輸出額と輸入額の差額(輸出額から輸入額を引いた額)を測定する指標である。これは国の収支を表わす最も大きな指標である。
輸出額は英国の成長率を反映する。輸入額は内需を示す。
外国人は輸出品に支払をするために国内の通貨を買わなければならないので、GBPにもかなり影響を与える可能性がある。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ 四半期経常収支

経常収支は、財・サービスの輸出入額と利益の支払(輸出額から輸入額を引いた金額)の差額を測定する。
輸出統計は英国の経済成長を反映する。輸入額は内需を示す。
財の部分は貿易収支の数値と同じである。
外国人は輸出品の支払をするために国内通貨を買わなければならないため、GBPにかなり影響がありうる。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ 製造業生産

製造業生産は、英国の製造業の生産高合計の増減を測定する。同指標は製造部門の力をよく示す指標である。
製造業は鉱工業生産全体の80%を構成する。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ 鉱工業生産

鉱工業生産は、英国の工場、炭鉱、公益事業の生産された総額の増減を測定する指標である。同指数は製造業部門の力のよい指標を提供する。同指数は製造業雇用、平均所得、および個人所得の主な指標になりうる。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ 生産者物価指数

生産者仕入れ価格は、製造業者が購入するモノとサービスの平均価格のインフレ指数である。
PPIは販売者の視点から価格変動を測定する。
生産者がモノとサービスにより多く支払えば、生産者は消費者により高い費用を回ししやすいため、PPIは消費者物価インフレの主要指標であると考えられる。
予想より高い測定値はGBPにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はGBPにとってネガティブ/弱気であると解釈される。