GER経済指標一覧

GER経済指標一覧

GER経済指標一覧

◎ IFO景況指数

独IFO景況指数は、ユーロ圏の景況感と業況を決定する指標である。
同測定値は、約7,000の企業の調査からまとめられる。
予想より高い測定値はEURにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はEURにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

◎ ZEW景況感調査

独欧州経済センター(ZEW)景況感指数は、ドイツの機関投資家の景況感を決定する。
指数が0を上回れば景気に楽観的な見方を示すが、0を下回れば悲観的な見方を示す。
同指数は業況の主な指標である。測定値はドイツの約350人の機関投資家およびアナリストを対象にした調査からまとめられる。
予想より高い測定値はEURにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はEURにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

◎ 四半期GDP【速報値】

国内総生産(GDP)は経済活動の最も広範な基準であり、景気判断の重要な指標である。GDPの四半期ごとの比率変動は一般に経済成長率を示す。
予想より高い測定値はEURにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はEURにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

◎ 製造業受注

独製造業新規受注は、ドイツにおける耐久財および非耐久財の製造業新規受注数のユーロ水準での増減を測定する。
数値が高い傾向はドイツ経済の景気拡大を示す。
予想より高い測定値はEURにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はUSDにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ 失業率

独失業率は、雇用されていないが、現在雇用を探しておりドイツで働く意志を持っている労働人口の合計比率を測定する指標である。
高い比率は労働市場の弱さを示す。低い比率はドイツの労働市場にとって明るい指標となり、EURにとってプラスになると解釈される。

○ 消費者物価指数【速報値】

消費者物価指数はインフレの中で最も頻繁に使用される指標であり、平均的消費者の商品とサービスの固定バスケットを取得するコストの変化を反映する。比重は、通常、家計支出調査から発生する。 予想より高い値は、EURに対しプラス/強気である、予想より低い値は、マイナス/弱気であると解釈される。

○ 製造業PMI【速報値】

独製造業購買部協会景気指数(PMI)は、製造業部門の購買担当者の活動水準を測定する指数である。
50を超える数値は景気拡大を示すが、50を下回る数値は景気後退を示す。
同指数はドイツの製造業部門の繁栄および生産拡大を示す指標である。
販売担当者は経済活動全体の主な指標となりうる同協会の業績を早いうちに入手できる場合がよくあることから、トレーダーはこれらの調査を注意深く見ている。
予想より高い測定値はEURにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はEURにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ サービス業PMI【速報値】

独消費者物価指数(CPI)は商品とサービスの価格変動を測定する。
CPIは消費者の視点から価格変動を測定する。
同指数はドイツにおける購買傾向の変動およびインフレを測定する重要な手段である。(インフレと闘う一般的な方法は金利を上げることで、それが海外からの投資を引きつけるため)予想より高い測定値はEURにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はEURにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ 小売売上高

独小売売上高は、自動車を除いたドイツの異なる種類や規模の小売店のサンプリングに基づき小売業者が販売する商品すべての月毎の測定である。同指標は個人消費の重要な指標であり、また消費者信頼感とも相関性がある。
予想より高い測定値はEURにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はEURにとってネガティブ/弱気であると解釈される。

○ 鉱工業生産

独鉱工業生産は、ドイツの工場、炭鉱および公共施設で生産された総額の増減を測定する。同指数は製造部門の力をよく表わす指標である。同指数は製造業雇用、平均所得および個人所得の主な指標になりうる。
予想より高い測定値はEURにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はEURにとってネガティブ/弱気であると解釈される。